地震の前兆を知ることで発生の予測ができる

地震発生には前兆がある

グラフ

地震の発生を予測する

最近は、地震に関する技術の発展により発生が予測できるようになっています。地震を予測できると、危険を回避することができるでしょう。

地震の前兆をつかむ

大きな地震が起きる時には、地層・大気圏・電離圏が異常をきたします。ですから、地震は地下の活動だけでなく宇宙空間にまで影響を及ぼしているのです。これらの異常によって地震の前兆が分かります。

地震前に発生する電波を受信する受動観測

電波を直接受信する受動観測は、震源から地表まで到達する電波を受信します。そして、地表や大気圏に異常がないかの確認ができます。

身の回りの電波を使って地震の前兆現象を見つける能動観測

能動観測は、ラジオや電波時計などに使われるもので電離層で反射する周波数を受信します。周波数を受信して、電離層下部から丈夫まで観測が可能になっています。