家具をしっかりと固定して地震対策をしておきましょう

定期点検を忘れずにする

家具は、固定することは大切になります。しかし、それだけで終わりではありません。固定しても、時間が経つと強度がなくなります。ですから、定期的に点検をしておく必要があるでしょう。

地震が起きた際は家具に気をつけておく

カラーボックスなどの分裂している家具

カラーボックスなどを二段以上積み重ねて置く人が多くいます。このような家具は揺れに非常に弱いので、しっかりと連結固定を忘れずにしておきましょう。

扉のない棚

扉のない棚は、地震によって中身が飛び出さないようにすることが重要です。飛び出さないようにするには、落下抑制シールを貼っておくなどの工夫をしておく必要があります。

吊り下げ式の照明器具

天井に固定されていない照明器具は、非常に危険です。このような照明器具を使用している場合であればチェーンなどを使って補強して下さい。

不安定な薄型テレビやパソコン

置き式の薄型テレビやパソコンは、非常に不安定で危険です。ですから、粘着性のマットを敷いたり専用の器具を使って安定させたりするようにしましょう。

割れる危険性の高い窓ガラス

窓ガラスは、地震の際に割れやすいです。しかし、レースやカーテンをしておけば万が一ガラスが割れたとしても破片が広範囲に散らばる可能性は低くなるでしょう。

対策をして危険回避する

日の丸

地震で負傷する原因に家具の転倒落下が挙げられる

過去の地震で怪我をした半数以上の人が、家具の転倒や落下によるものが原因とされています。ですから、家具の固定強化が非常に重要になるでしょう。

ガラスの飛散による怪我

地震の被害をまともに受ける地域は、ガラスの飛散による怪我人が多くなっています。最近では、割れても飛散を防ぐガラスがあるので、防止の為にガラスを変えてみてはいかがでしょうか。

転倒防止策を知る

地震の予測から、対策グッズが増えてきています。その中で、注目したいのが家具を固定するアイテムです。固定するアイテムでもお洒落に使用できるものがあるので、利用しやすなっているでしょう。

賃貸住宅でも使用が可能なアイテム

家具を固定するには、L字金具の使用を推奨されています。しかし、賃貸住宅であれば穴を空けることができません。そのような場合でも、家具の隙間に置くボール式器具やストッパー式器具を使うとL字金具と同じ強度になります。

家具の配置を変えて危険を回避する

寝ているところに家具が倒れてくると非常に危険です。ですから、家具の向きや位置を変えてできるだけ安全に寝られるようにしましょう。