地震が起きる前にしっかりとした対策をしておくことが大切です

事前に地震対策をする

地震速報
地震を知らせてくれるアプリ 最近は、地震の発生時にいち早く知らせてくれるアプリがあります。また、地震の予測ができるので到達する数秒前に知れて未然に備えることも可能です。
地震アプリは津波情報も知らせてくれる 地震の際に、危険なのが津波です。しかし、津波は到達するまでに少し時間がかかるので事前に知らせてくれれば適切な対応ができます。ですから、地震アプリで津波情報も見ておく必要があります。
災害時の電波不通状態でも地図が使えるアプリ 災害時には、電話や通信が使えなくなることが考えられます。そのような時に、役立つアプリが電波不通状態でも地図が使えるアプリになります。このアプリを持っていることで、道に迷うことはなくなるでしょう。
避難所の位置を確認するアプリ 災害があると避難所での生活をしないといけないことも出てきます。しかし、避難所がどこにあるか把握していなければ避難所に行くことができません。このような場合に近くにある避難所を教えてくれるアプリがあります。
身内に居場所を伝えられるアプリ このアプリは、高齢者や子どもや持病を持った人が災害時でも身内やかかりつけの医師に連絡できるようになっています。ですから、このアプリを使うことで最悪の事態を避けることができるでしょう。

水を長期間保存する方法

災害の際に、水は非常に貴重なものになります。ですから、長期間の保存ができれば嬉しいものです。長期間保存するには、ペットボトルの口のすりきりまでしっかりと水を入れてキャップをしましょう。そうすることで、長期間の保存が可能になります。

地震が起きても対策をしていれば安心できる

地震速報

対策をして危険回避する

地震の際は、揺れにより家具が倒れてくる可能性があります。しかし、家具の位置を変えたり家具が倒れにくくする工夫をすれば家具の下敷きになることはなくなるでしょう。

READ MORE
日の丸

地震発生には前兆がある

地震には前兆があります。地層だけではなく、大気圏や電離圏が異常をきたすことで地震の前兆を知ることができるのです。

READ MORE
グラフ

適切に動き危険を回避する

地震直後には、火事の原因に考えられるものは消しておきましょう。また、水の確保は欠かせません。さらに、怪我をしないように屋内でも靴を履いて移動することが大切になります。

READ MORE
グラフ

外出の時は安全確認をする

地震後に外出する時は、渋滞が予測されるので車を使うことは控えておくと良いです。また、外は電線が切れていたり地割れがしていたりするので、足元や頭上には十分に気を付けて安全確認をしましょう。

READ MORE

身近にあるものでも災害時に役立つ

新聞を使って体が冷えないようにする

災害時には、服を十分に確保できない場合があります。そうなると、急な冷え込みに上手く対応ができません。そんな時は、新聞を胴体に巻きつけることで保温ができるので安心です。

ゴミ袋で雨具をつくる

簡易型の雨具であればゴミ袋でつくることができます。また、風が強い場合は紐をつけて腰に縛れば風にも強く動きやすくなるでしょう。

段ボールは災害時に万能に使える

新聞と同様で、段ボールにも保温効果が期待できます。さらに、加工しやすく多少の防水性もあるので災害の時は万能素材です。また、ガムテープで繋ぎ合わせるとシェルターにもなるので、使用してみてはいかがでしょうか。

懐中電灯で周囲を照らす

災害が起きた時は停電になることがあります。そんな時でも、懐中電灯にペットボトルを乗せることでランタン代わりになるのです。ランタンがあるだけで身動きが取れるようになるでしょう。

炊飯器がなくてもポリ袋でご飯を炊ける

ポリ袋に水と米をいれて沸騰した鍋に入れるとご飯が炊き上がります。しかし、ポリ袋によって向き不向きがあるので、注意しておきましょう。